Japanese| English

研究室メンバー (2016年度)

教授

  • 山村 雅幸(やまむら まさゆき)   E-mail:my

助教

  • 小宮 健(こみや けん)   E-mail:komiya

    DNAと酵素(ポリメラーゼなど)を素材に“もの想ふ水滴”を開発しています。生物学と情報・システム科学の狭間に位置する「DNAコンピューティング」が専門で非線形で非平衡なプロセスである生体分子反応を上手に活用して、分子が行う情報処理や効率的なエネルギー利用を実現し医療やナノテクノロジーをはじめ幅広く応用できる賢い水滴を目指し、楽しく研究を進めています。

技術員

  • 野田 千鶴(のだ ちづる)   E-mail:c_noda

秘書

  • 西 文恵(にし ふみえ)   E-mail:f_nishi
  • 高橋 乃婦(たかはし のぶ)   E-mail:n_takahashi

博士3年

  • 佐々木 彰吾(ささき しょうご)   E-mail:sasaki

    私は人工生命の研究に取り組んでいます。従来の人工生命は限られた環境でし か生きられず、その性質も環境に強く依存するものでした。この問 題を解決す るために、環境を自らの力で改変しすることで無制限に進化する人工生命をつく ろうとしています。

  • 西田 暁史(にしだ あきふみ)   E-mail:nisida

    細胞の制御について研究しています。
    ・モデルから細胞状態を予測し、外部入力により細胞の内部状態を制御する。
    ・細胞集団に遺伝子パーツから成るコントローラを内在させ、自律制御させる。
    といったことをしています。

  • 林 孝文(はやし たかふみ)   E-mail:t_hayashi

    人工遺伝子回路の自動設計について研究を行っています。 合成生物学では、振動子やトグルスイッチなどの生物学的デバイスの構築が可能となっています。 今後、さらなる生命システムの深い理解や工学的応用へ向け、これらのデバイスを組み合わせることやより多くの遺伝子を使うことが予想されます。しかし、構成要素の増加に伴い相互作用の組み合わせ数 は指数関数的に増加するため、設計するのが困難になってしまいます。そこで私は、進化計算を用いて、所望の機能を持つ人工遺伝子回路を自動で設計 することを目指しています。

  • 秋川 元宏(あきかわ もとひろ)   E-mail:m_akikawa

    私は人間とコミュニケーションを取ることのできるロボットを作ることを目標としています。そのために、現在は連想記憶というものを研究しています。連想記憶とは入力に対して、関係のある情報を出力するものです。この機能をロボットに持たせることで、人間とロボットがコミュニケーションを取るときに、ロボットは与えられた話題からさまざまな話題へと会話の幅を広げることが出来るようになります。

博士2年

  • Rooprayochsilp Athip()   E-mail:athip
  • 安田 翔也(やすだ しょうや)   E-mail:s_yasuda

    免疫細胞の一種であるB細胞の、生存や細胞死を制御する要素の数理解析を試みています。免疫細胞は、ちょっとした刺激の有無で生きたり死んだりします。しかも、その挙動は必ずしも線形ではなく、突然一斉に死んだり、一部の細胞が長く生き続けたり、疑問が多いです。このような現象をシステム生物学的に理解しようとしています。このような研究から、免疫不全や自己免疫疾患の治療法のヒントが生み出されるかもしれません。

  • 福田 直毅(ふくだ なおき)   E-mail:n_fukuda

修士2年

  • 甲斐 康平(かい こうへい)   E-mail:k_kai

    私はボルツマンマシンの研究をしています。具体的には統計物理学のアナロジーの観点から、より高度な拡張を目指してエネルギー関数の改良を試みています。この研究を通して、非平衡状態を解とするシステムの構築を目標としています。

        
  • 滝沢 秀季(たきざわ しゅうき)   E-mail:s_takizawa

    生態系の多重安定性についての研究をしています。草食性魚類の摂餌により河川の底性付着藻類群落の種組成を変化させる現象が、双安定かどうかをシミュレーションによって調べています。

  • 藤堂 健世(とうどう けんせ)   E-mail:k_todo

    性格・感情が意志行動に影響をあたえると考え、それらを元にした新しい人工知能を提案しようと研究しています。人間の感情を理解するヒューマンインタフェースではなく、人工知能自身が感情を性格により生成し、行動欲求を生成させる事のできるシステムの開発を目指しています。

  • 若林 優太(わかばやし ゆうた)   E-mail:y_wakabayashi

    人工的に設計し作製したDNAナノ構造体を用いて、天然タンパク質の会合プロセスの制御に取り組んでいます。主に微小管の核形成が行われる初期の会合プロセスの制御を目的としています。DNAナノ構造体による初期会合の制御が最終的な微小管構造に多様な構造を与えるかを検証します。

  • Mungkalaton norwich   E-mail:norwich

修士1年

  • 石崎 達寛(いしざき たつひろ)   E-mail:t_ishizaki     
  • 伊地 弘平(いじ こうへい)   E-mail:k_iji
  • 山形 大賀(やまがた たいが)   E-mail:t_yamagata
  • 島田 雄喜(しまだ ゆうき)   E-mail:y_wakabayashi
  • Jin Meitong   E-mail:m_jin